ウィリアムズ FW34
ウィリアムズの2012年F1マシン「FW34」は、15年ぶりにルノー製エンジンを搭載。新テクニカルディレクターのマイク・コフランのも新しいデザイン哲学が注入されたFW34は、昨年マシンからのキャリーオーバーは5%以下となっている。

ウィリアムズ FW34 【 F1-Gate.com 】

ウィリアムズ FW34 ウィリアムズの2012年F1マシン「FW34」は、15年ぶりにルノー製エンジンを搭載。新テクニカルディレクターのマイク・コフランのも新しいデザイン哲学が注入されたFW34は、昨年マシンからのキャリーオーバーは5%以下となっている。

ウィリアムズは、ヘレステスト初日となる7日(火)の朝、ガレージ前で新車FW34を発表。新しいデザインのレーシングスーツに身を包んだドライバーのパストール・マルドナドとブルーノ・セナがFW34のアンベイルを行った。 

ウィリアムズ FW34は、ウィリアムズにとって15年ぶりにルノーエンジンを搭載するマシン。また今季マシンですでにお馴染みとなっている段差ノーズはFW34にも装着されている。

この後行われるテストでは、パストール・マルドナドがFW34での初テストを担当する。

ウィリアムズ、FW34を発表 【 F1-Gate.com 】

ウィリアムズは、ヘレステスト初日となる7日(火)の朝、ガレージ前で新車FW34を発表。新しいデザインのレーシングスーツに身を包んだドライバーのパストール・マルドナドとブルーノ・セナがFW34のアンベイルを行った。 ウィリアムズ FW34は、ウィリアムズにとって15年ぶりにルノーエンジンを搭載するマシン。また今季マシンですでにお馴染みとなっている段差ノーズはFW34にも装着されている。 この後行われるテストでは、パストール・マルドナドがFW34での初テストを担当する。

レッドブル RB8の段差ノーズ部分に空けられていたエアインテークの目的について様々な憶測が飛び交っている。

画像や動画などではその詳細は明らかになっていないが、レッドブル RB8の段差ノーズには不可解なエアインテークが空けられている。

ドイツ誌 Bild は「なぜ?」と不思議がり、スペインの Marce は「驚きであり、前例がない」と報じた。 

イタリアの Autosprint は「おそらくKERSのバッテリーの冷却を意図しているのだろう」と推測。

フィンランドの放送局 MTV3 は、インテークの目的は冷却だとするケータハムのマイク・ガスコインの情報を掲載。

O Estado de S.Paulo の記者リビオ・オレッキオは「まず心に浮かんだのはディフューザーへ空気を流すということだ」と述べた。

レッドブル RB8のエアインテークに様々な憶測

レッドブル RB8の段差ノーズ部分に空けられていたエアインテークの目的について様々な憶測が飛び交っている。 画像や動画などではその詳細は明らかになっていないが、レッドブル RB8の段差ノーズには不可解なエアインテークが空けられている。 ドイツ誌 Bild は「なぜ?」と不思議がり、スペインの Marce は「驚きであり、前例がない」と報じた。 イタリアの Autosprint は「おそらくKERSのバッテリーの冷却を意図しているのだろう」と推測。 フィンランドの放送局 MTV3 は、インテークの目的は冷却だとするケータハムのマイク・ガスコインの情報を掲載。 O Estado de S.Paulo の記者リビオ・オレッキオは「まず心に浮かんだのはディフューザーへ空気を流すということだ」と述べた。

レッドブル RB8がついに発表された。

【動画】 レッドブル RB8 【 F1-Gate.com 】

レッドブル RB8がついに発表された。

最近の成功は、連続性を持ってそれを維持することへのプレッシャーになりますか? それともプレッシャーを軽減していますか?
ここ数年は本当に良かったし、本当に成功だった。信じられないような旅だった。今年でRB5の4度目の進化だし、もちろん、出来るのであればそこに留まっていたいというプレッシャーはある。 

難しいタスクだったし、我々が開発し、おそらくここ数年で集団の前にいることができた排気アウトレット位置の規制によって、排気テクノロジーを失った。冬の間に大きく再考することになった。もちろん、それが他よりも多くの影響があるかどうかはわからない。我々は昨年マシンRB7をエキゾーストを中心にデザインした。おそらくそうしたのは我々だけだろう。なので、それに関しては他よりも多くを失うことになるかもしれない。時間だけが教えてくれることだ。何度かテストで走ってみて、我々がどの位置にたどり着けるかを確認するのは楽しいことだ。

レッドブル RB8 技術解説 【 F1-Gate.com 】

最近の成功は、連続性を持ってそれを維持することへのプレッシャーになりますか? それともプレッシャーを軽減していますか? ここ数年は本当に良かったし、本当に成功だった。信じられないような旅だった。今年でRB5の4度目の進化だし、もちろん、出来るのであればそこに留まっていたいというプレッシャーはある。 難しいタスクだったし、我々が開発し、おそらくここ数年で集団の前にいることができた排気アウトレット位置の規制によって、排気テクノロジーを失った。冬の間に大きく再考することになった。もちろん、それが他よりも多くの影響があるかどうかはわからない。我々は昨年マシンRB7をエキゾーストを中心にデザインした。おそらくそうしたのは我々だけだろう。なので、それに関しては他よりも多くを失うことになるかもしれない。時間だけが教えてくれることだ。何度かテストで走ってみて、我々がどの位置にたどり着けるかを確認するのは楽しいことだ。

これまで発表されたF1マシンには、2012年F1レギュレーションに対応するための“醜い”段差ノーズが装着されていた。

そのため空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイがRB8にどのようなデザイン手法を採ってくるかに大きな注目が集まっていた。 

だが、発表されたレッドブル RB8は、F1ファンの期待に反して段差ノーズを採用。しかし、その段差部分にはエアインテークらしき穴が用意されており、そのソリューションに注目が集まっている。また、リアエンドの絞り込みも過激だ。

【動画】 レッドブル RB8 【 F1-Gate.com 】

これまで発表されたF1マシンには、2012年F1レギュレーションに対応するための“醜い”段差ノーズが装着されていた。 そのため空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイがRB8にどのようなデザイン手法を採ってくるかに大きな注目が集まっていた。 だが、発表されたレッドブル RB8は、F1ファンの期待に反して段差ノーズを採用。しかし、その段差部分にはエアインテークらしき穴が用意されており、そのソリューションに注目が集まっている。また、リアエンドの絞り込みも過激だ。

2012年の目標について小林可夢偉は「一年間通して安定してポイントを獲ること」とコメント。 

「2010年、2011年は満足いく結果ではなかったので、2012年はしっかり安定してポイントを獲りたい」

新車ザウバーC31については以下のように述べた。

「みんなでクルマを開発してきて、今の段階では自分らとしては凄く満足のできているクルマができていると思う」

「チーム全体で2012年にむけたクルマ造りが順調に、そして自信を持って出せると思うので、2012年はしっかり目標を達成できるように頑張ります」

【動画】 小林可夢偉 インタビュー:ザウバー C31 新車発表会

2012年の目標について小林可夢偉は「一年間通して安定してポイントを獲ること」とコメント。 「2010年、2011年は満足いく結果ではなかったので、2012年はしっかり安定してポイントを獲りたい」 新車ザウバーC31については以下のように述べた。 「みんなでクルマを開発してきて、今の段階では自分らとしては凄く満足のできているクルマができていると思う」 「チーム全体で2012年にむけたクルマ造りが順調に、そして自信を持って出せると思うので、2012年はしっかり目標を達成できるように頑張ります」

シェイクダウンを終えたキミ・ライコネンは「レースサーキットでE20を見て、さらに乗れるなんて素晴らしいね」とコメント。 

「新車では最大限に攻められないのでいつもフラストレーションが溜まるけど、ありがたいことに僕には2日間のチャンスがある」

「第一印象はいい。マシンに乗っていて快適に感じられたし、1速と2速の感覚が素晴らしい。明日何ができるか見てみよう」

キミ・ライコネン、ロータス E20をシェイクダウン

シェイクダウンを終えたキミ・ライコネンは「レースサーキットでE20を見て、さらに乗れるなんて素晴らしいね」とコメント。 「新車では最大限に攻められないのでいつもフラストレーションが溜まるけど、ありがたいことに僕には2日間のチャンスがある」 「第一印象はいい。マシンに乗っていて快適に感じられたし、1速と2速の感覚が素晴らしい。明日何ができるか見てみよう」

「プロモーションのための1日ですし、デモタイヤでのみの走行なので、もちろんマシンを真剣にジャッジすることはできません」と小林可夢偉はコメント。 

「それでも、すべてがスムーズに予定通りに運んだので、良いシーズンのスタートと言えます。実際に完璧に時間通りだったことは、スイスだけでなく、非常に日本的でもありますね」

「マシン、そしてチームと一緒に戻ることができてとても嬉しい気持ちになりましたし、これからきちんとしたテストをするのを楽しみにしています」

小林可夢偉、ザウバーC31をシェイクダウン 【 F1-Gate.com 】

「プロモーションのための1日ですし、デモタイヤでのみの走行なので、もちろんマシンを真剣にジャッジすることはできません」と小林可夢偉はコメント。 「それでも、すべてがスムーズに予定通りに運んだので、良いシーズンのスタートと言えます。実際に完璧に時間通りだったことは、スイスだけでなく、非常に日本的でもありますね」 「マシン、そしてチームと一緒に戻ることができてとても嬉しい気持ちになりましたし、これからきちんとしたテストをするのを楽しみにしています」


Red Bull RB8
レッドブルの2012年F1マシン「RB8」は、2009年マシンRB5の流れをくむ4代目のマシン。2012年のF1レギュレーションに対応した段差ノーズには、その段差部分にエアインテークらしき穴を確認できる。プルロッドを復活させたエイドリアン・ニューウェイのデザインらしく、RB8のリアは相変わらず低くタイト。全体的に丸みを帯びたボディーワークも特徴だ。

レッドブル RB8 【 F1-Gate.com 】

Red Bull RB8 レッドブルの2012年F1マシン「RB8」は、2009年マシンRB5の流れをくむ4代目のマシン。2012年のF1レギュレーションに対応した段差ノーズには、その段差部分にエアインテークらしき穴を確認できる。プルロッドを復活させたエイドリアン・ニューウェイのデザインらしく、RB8のリアは相変わらず低くタイト。全体的に丸みを帯びたボディーワークも特徴だ。

Pinterest
Search