Pinterest
書「臣罪如山今日行 檻輿何顔拝帝京 云々」 吉田松陰筆 縦126×横57cm 七言律。この漢詩は、松陰の門人、入江子遠[いりえ しえん]が、獄中で松陰の東送の報を知り、悲しみのあまり、詩一篇を作って贈るとともに、終身誓ってこの詩を用いないと言った。そこで、松陰がこの詩に対して、入江の哀情に答えたものである。 吉田松陰 [よしだ しょういん]1830(天保元年~1859(安政6)年 幕末の勤王派志士、思想家、教育家。長州藩士。山鹿流兵学師範吉田家を継ぐ。名は矩方[のりかた]、通称は寅次郎、別号に二十一回猛士。江戸に出て山鹿素水、佐久間象山らに学ぶ。 1854(安政元)年、ペリー再航のとき、密航を企てたが失敗して投獄される。赦されたのち、1857年、松下村塾(しょうかそんじゅく)を主宰。死までの僅かな期間に高杉晋作[しんさく]、久坂玄瑞[くさか げんずい]、伊藤博文[ひろぶみ]、山県有朋[やまがた ありとも]ら約80人の門人を輩出した。翌年の幕府の違勅調印という事態に直面して、老中間部詮勝[まなべ あきかつ]襲撃を計画し、失敗。翌1859(安政6)年安政の大獄により刑死した。

書「臣罪如山今日行 檻輿何顔拝帝京 云々」 吉田松陰筆 縦126×横57cm 七言律。この漢詩は、松陰の門人、入江子遠[いりえ しえん]が、獄中で松陰の東送の報を知り、悲しみのあまり、詩一篇を作って贈るとともに、終身誓ってこの詩を用いないと言った。そこで、松陰がこの詩に対して、入江の哀情に答えたものである。 吉田松陰 [よしだ しょういん]1830(天保元年~1859(安政6)年 幕末の勤王派志士、思想家、教育家。長州藩士。山鹿流兵学師範吉田家を継ぐ。名は矩方[のりかた]、通称は寅次郎、別号に二十一回猛士。江戸に出て山鹿素水、佐久間象山らに学ぶ。 1854(安政元)年、ペリー再航のとき、密航を企てたが失敗して投獄される。赦されたのち、1857年、松下村塾(しょうかそんじゅく)を主宰。死までの僅かな期間に高杉晋作[しんさく]、久坂玄瑞[くさか げんずい]、伊藤博文[ひろぶみ]、山県有朋[やまがた ありとも]ら約80人の門人を輩出した。翌年の幕府の違勅調印という事態に直面して、老中間部詮勝[まなべ あきかつ]襲撃を計画し、失敗。翌1859(安政6)年安政の大獄により刑死した。

松田屋ホテル | 新たな時代の幕開けを見つめた長州の老舗旅館 / 高級旅館・ホテルの予約ならrelux(リラックス)。全プランポイント還元5%で、宿泊プランは最低価格保証付き!

松田屋ホテル | 新たな時代の幕開けを見つめた長州の老舗旅館 / 高級旅館・ホテルの予約ならrelux(リラックス)。全プランポイント還元5%で、宿泊プランは最低価格保証付き!

#timetravel #trip #萩 #japan #木戸孝允 #japan #samurai #garden #長州 #impression (by 26miii)

#timetravel #trip #萩 #japan #木戸孝允 #japan #samurai #garden #長州 #impression (by 26miii)

長州萩鍔 八道友信作 Tsuba [Tomonobu saku] Tyousyuu Hagi Tsuba. Japan. S)

長州萩鍔 八道友信作 Tsuba [Tomonobu saku] Tyousyuu Hagi Tsuba. Japan. S)

書「蘭陵美酒鬱金香 玉椀盛來琥珀光 云々」 西郷隆盛筆 縦126×横59cm 七言絶句。唐の李白の詩「客中作」(旅にあたってのうた)を西郷が墨書したものである。「蘭陵の地でできる美酒、鬱金香。玉杯いっぱいに注げば、琥珀の光を放っている。ただこの酒宴の主人が、旅の客たる私を充分に酔わすことさえ出来れば、なに、どこが知らぬ他郷などと思うものか」の意。 西郷隆盛 [さいごう たかもり]1827(文政10)年~1877(明治10)年 幕末維新の政治家、薩摩藩士。通称は吉之助、南州と号す。藩主島津斉彬[しまづ なりあきら]の命により、将軍継嗣に徳川慶喜[よしのぶ]擁立に奔走したが、安政の大獄により挫折。のち禁門(きんもん)の変・第1次長州征伐にて活躍。さらに薩長連合、王政復古、戊辰(ぼしん)戦争を指揮する。維新政府にて参議となり、廃藩置県の断行にあたり、ついで陸軍大将となる。http://www.bakumatsu-meiji.com/bm_collection.html

書「蘭陵美酒鬱金香 玉椀盛來琥珀光 云々」 西郷隆盛筆 縦126×横59cm 七言絶句。唐の李白の詩「客中作」(旅にあたってのうた)を西郷が墨書したものである。「蘭陵の地でできる美酒、鬱金香。玉杯いっぱいに注げば、琥珀の光を放っている。ただこの酒宴の主人が、旅の客たる私を充分に酔わすことさえ出来れば、なに、どこが知らぬ他郷などと思うものか」の意。 西郷隆盛 [さいごう たかもり]1827(文政10)年~1877(明治10)年 幕末維新の政治家、薩摩藩士。通称は吉之助、南州と号す。藩主島津斉彬[しまづ なりあきら]の命により、将軍継嗣に徳川慶喜[よしのぶ]擁立に奔走したが、安政の大獄により挫折。のち禁門(きんもん)の変・第1次長州征伐にて活躍。さらに薩長連合、王政復古、戊辰(ぼしん)戦争を指揮する。維新政府にて参議となり、廃藩置県の断行にあたり、ついで陸軍大将となる。http://www.bakumatsu-meiji.com/bm_collection.html

the prize winning work of photocontest "kimono week in Hagi 2010"

the prize winning work of photocontest "kimono week in Hagi 2010"

萩往還(一升谷の石畳)

萩往還(一升谷の石畳)

萩城跡と指月山

萩城跡と指月山

紅葉(大照院)

紅葉(大照院)