左から菊池寛、芥川龍之介、武藤長蔵、永見徳太郎 -- Akutagawa Ryunosuke (second from the left)

左から菊池寛、芥川龍之介、武藤長蔵、永見徳太郎 -- Akutagawa Ryunosuke (second from the left)

芥川龍之介 画 - 河童 / illustration from Akutagawa’s Kappa

芥川龍之介 画 - 河童 / illustration from Akutagawa’s Kappa

Rashomon 羅生門 by AKUTAGAWA Ryunosuke (1892-1927), Japan - “A man sometimes devotes his life to a desire which he is not sure will ever be fulfilled. Those who laugh at this folly are, after all, no more than mere spectators of life.” 芥川龍之介

Rashomon 羅生門 by AKUTAGAWA Ryunosuke (1892-1927), Japan - “A man sometimes devotes his life to a desire which he is not sure will ever be fulfilled. Those who laugh at this folly are, after all, no more than mere spectators of life.” 芥川龍之介

『羅生門』は、1950年(昭和25年)に公開された日本映画である。監督・黒澤明によるモノクロ映画の代表的作品。原作は芥川龍之介の短編小説 『藪の中』だが、同 『羅生門』にも題材を借りる。

『羅生門』は、1950年(昭和25年)に公開された日本映画である。監督・黒澤明によるモノクロ映画の代表的作品。原作は芥川龍之介の短編小説 『藪の中』だが、同 『羅生門』にも題材を借りる。

左から菊池寛、芥川龍之介、武藤長蔵、永見徳太郎 -- Akutagawa Ryunosuke (second from the left)

左から菊池寛、芥川龍之介、武藤長蔵、永見徳太郎 -- Akutagawa Ryunosuke (second from the left)

芥川龍之介 / 侏儒の言葉・西方の人 / 新潮文庫

芥川龍之介 / 侏儒の言葉・西方の人 / 新潮文庫

芥川龍之介 「羅生門」

芥川龍之介 「羅生門」

芥川龍之介

芥川龍之介

Pinterest
Search