Pinterest • The world’s catalog of ideas

Man Ray Art Experience NYC www.artexperiencenyc.com/social_login/?utm_source=pinterest_medium=pins_content=pinterest_pins_campaign=pinterest_initial

18
1
from galleryIntell

Le Violon d'Ingres by Man Ray, 1924

Man Ray - Tears, 1930 photographe surréaliste J'aime le côté dramatique dans l'image. Je trouve la cadrage très intéressant et hors du commun.

26
1

Man Ray, Indestructible Object (Object to be Destroyed) I've seen this in person at the nelson and it is one of my favorite pieces

11
1

Man Ray: Anatomies, 1929. There is a beauty and ugliness in this painting. There's also a rawness and vulnerability of showing the neck. I like to play with the pretty and ugly movement quality.

8
3

Man Ray ❝Noire et Blanche❞ 1926 ~ マン・レイ、この名前を耳にした瞬間「ああ、あの写真の」とすぐにピンと来られた方、はははは、あなた「美の巨人たち」を毎週御覧になって居られますね?そう、この写真です。それではこの文章も小林薫の声をアテて御読みになって下さい。作品名❝Noire et Blanche❞黒と白、1926年、彼が35歳の時に撮った写真です。モデルは当時愛人だったアリス・プラン嬢。彼女は通称❝Kiki de Montparnasse❞モンパルナスのキキとしてその名を知られ、モディリアーニ、ユトリロ、キスリング、藤田嗣治などといったそうそうたるアーティストのモデルを歴任した伝説の女性でもあります。この「黒と白」は、単なる記録媒体としてしか認識されていなかった写真を、一個の藝術として民衆に膾炙せしめた画期的作品でした。所謂、写真アートと呼称されるものの第一号だったわけです。マン・レイは制作の折、キキにこう云ってのけました。「君をフジタの描いた絵よりも美しく撮ってあげようじゃないか」

6
1