5段から成るこのシステムは、LEDが埋め込まれた半透明のプラスチックでできています。そして6台のキネクトを使って来場者の位置情報を取得し、OpenFrameworksのスクリプトによってシステムを制御しています。  たとえば、誰かがデッキの上で動いたりジャンプしたりすると、その動きを追跡しながら強烈な光が放出したりその表情が変わったりするんですね。また、デッキの背後に吊り下げられた5つのスクリーンにも、動的に生成されたアニメーションがあわせて投影されます。

5段から成るこのシステムは、LEDが埋め込まれた半透明のプラスチックでできています。そして6台のキネクトを使って来場者の位置情報を取得し、OpenFrameworksのスクリプトによってシステムを制御しています。 たとえば、誰かがデッキの上で動いたりジャンプしたりすると、その動きを追跡しながら強烈な光が放出したりその表情が変わったりするんですね。また、デッキの背後に吊り下げられた5つのスクリーンにも、動的に生成されたアニメーションがあわせて投影されます。

eyeCharm は Kinect センサーの前面にかぶせるように取り付けるアタッチメント。PCのモニタの下に置くことで、視線でウェブブラウザをスクロールしたり、画面端を注視してWindows 8 のチャームを呼び出す、写真をブラウズする、マップアプリをズームするといったことのほか、付属のNUIA SDKを用いて既存のアプリを視線入力に対応させたり、新たな視線入力アプリを書くことができるようになります。

Kinect を視線入力デバイスにするアタッチメントNUIA eyeCharm

eyeCharm は Kinect センサーの前面にかぶせるように取り付けるアタッチメント。PCのモニタの下に置くことで、視線でウェブブラウザをスクロールしたり、画面端を注視してWindows 8 のチャームを呼び出す、写真をブラウズする、マップアプリをズームするといったことのほか、付属のNUIA SDKを用いて既存のアプリを視線入力に対応させたり、新たな視線入力アプリを書くことができるようになります。

本物の砂場の上部にKinect3Dとプロジェクターをセットし、それらが砂場の高低差を認識。その後、リアルタイムで等高線を出現させ、同時進行で砂場に水を流すこともできるという、拡張現実砂場。

本物の砂場の上部にKinect3Dとプロジェクターをセットし、それらが砂場の高低差を認識。その後、リアルタイムで等高線を出現させ、同時進行で砂場に水を流すこともできるという、拡張現実砂場。

タッチ操作でアイコンをクリックすることができ、マルチタッチのジェスチャで写真を拡大および縮小することができる。Kinectの3Dマッピング機能により、同システムは、ユーザーが画面の上で指を動かしただけではなく実際にクリックしたかどうかを判断することができる。これによってユーザーは、項目をいちいち選択することなく、ページをめくったりスクロールしたりといった操作が可能である。

壁などの面をタッチスクリーンに--「Kinect for Windows」センサ利用の表示システムが登場

タッチ操作でアイコンをクリックすることができ、マルチタッチのジェスチャで写真を拡大および縮小することができる。Kinectの3Dマッピング機能により、同システムは、ユーザーが画面の上で指を動かしただけではなく実際にクリックしたかどうかを判断することができる。これによってユーザーは、項目をいちいち選択することなく、ページをめくったりスクロールしたりといった操作が可能である。

Kinectを使っておっぱいを見せたり隠したりする技術が開発される

Kinectを使っておっぱいを見せたり隠したりする技術が開発される

地図の操作を、Kinectを使ってジェスチャー操作

地図の操作を、Kinectを使ってジェスチャー操作

inect+αで全身3Dスキャンを行うことができます。本格的な機材を利用するより時間がかかり精度も落ちてしまいますが、楽しくできました。

Kinectを使って全身スキャン&3Dプリント

inect+αで全身3Dスキャンを行うことができます。本格的な機材を利用するより時間がかかり精度も落ちてしまいますが、楽しくできました。

デベロッパーズサミット 2013(中村薫氏)

デベロッパーズサミット 2013(中村薫氏)

実際のダンサーの動きに合わせて球体が動くバーチャルとリアルが合体したような演出ですが、キネクトを利用してダンサーの動きと球体が見事に連動しているので、この世界感に自然と引き込まれていきます。

実際のダンサーの動きに合わせて球体が動くバーチャルとリアルが合体したような演出ですが、キネクトを利用してダンサーの動きと球体が見事に連動しているので、この世界感に自然と引き込まれていきます。

AR(拡張現実)や3Dプリンターへの応用はもちろん、工業デザインへの応用やファッションチェックなど適用可能な領域は無限。3Dスキャナーは非常に高額だが、極めて安価に代替機能を実現できる可能性がある。

AR(拡張現実)や3Dプリンターへの応用はもちろん、工業デザインへの応用やファッションチェックなど適用可能な領域は無限。3Dスキャナーは非常に高額だが、極めて安価に代替機能を実現できる可能性がある。

Pinterest
Search