セリフ書体は、可読性が高く、太字や斜体が揃っていることが重要です。そういった意味では、Times New Roman(Macでは、Timesがほぼ同じ)は、それほど悪くなく、普段使いにはもってこい。もう少しこだわりたい人は、Minion Pro(最近はWinにもMacにも搭載されている可能性大)やCambriaがオススメです。

セリフ書体は、可読性が高く、太字や斜体が揃っていることが重要です。そういった意味では、Times New Roman(Macでは、Timesがほぼ同じ)は、それほど悪くなく、普段使いにはもってこい。もう少しこだわりたい人は、Minion Pro(最近はWinにもMacにも搭載されている可能性大)やCambriaがオススメです。

サンセリフ体は、Arial(Windows)やHelvetica(Mac)がもっともなじみがあると思います。これらのフォントは可読性や視認性がそれほど悪いわけではないのですが、初期設定でしばしば使われるフォントですので、これらのフォントを使用した資料は、ちょっと手抜きに見えてしまいます。  そこでおすすめしたいのが、下の例のような「Corbel」と「Calibri」です。おそらく、MacでもWindows(Vista以降)でも、Office製品をインストールしたパソコンなら搭載されています。どちらも可読性・判読性の高い洗練されたサンセリフ体です。ArialやHelveticaよりも現代的なデザインのフォントなので、資料の印象もずっと良くなります。

サンセリフ体は、Arial(Windows)やHelvetica(Mac)がもっともなじみがあると思います。これらのフォントは可読性や視認性がそれほど悪いわけではないのですが、初期設定でしばしば使われるフォントですので、これらのフォントを使用した資料は、ちょっと手抜きに見えてしまいます。 そこでおすすめしたいのが、下の例のような「Corbel」と「Calibri」です。おそらく、MacでもWindows(Vista以降)でも、Office製品をインストールしたパソコンなら搭載されています。どちらも可読性・判読性の高い洗練されたサンセリフ体です。ArialやHelveticaよりも現代的なデザインのフォントなので、資料の印象もずっと良くなります。

最近のMacには、Helvetica Neue というフォントが搭載されています。このフォントは、Helvetica を現代的なデザインにリニューアルしたものです。Helvetica よりもさらに可読性が高くなるように作られているばかりではなく、極細から極太まで様々な太さのフォントが揃っているのでとても使い勝手がよいです。AvenirやMyriadなども美しく使い勝手の良いフォントです。

最近のMacには、Helvetica Neue というフォントが搭載されています。このフォントは、Helvetica を現代的なデザインにリニューアルしたものです。Helvetica よりもさらに可読性が高くなるように作られているばかりではなく、極細から極太まで様々な太さのフォントが揃っているのでとても使い勝手がよいです。AvenirやMyriadなども美しく使い勝手の良いフォントです。

明朝体のおすすめフォントを紹介します。レジュメや、配布資料を作ったりするときなど、比較的長い文章を書かなければならないときに活躍します。つまり、可読性の高いフォントです。ゴシック体では、複数の太さ(ウェイト)が揃っていることが重要でしたが、明朝体には太さが一つしかなくてもそれほど問題ありません。

明朝体のおすすめフォントを紹介します。レジュメや、配布資料を作ったりするときなど、比較的長い文章を書かなければならないときに活躍します。つまり、可読性の高いフォントです。ゴシック体では、複数の太さ(ウェイト)が揃っていることが重要でしたが、明朝体には太さが一つしかなくてもそれほど問題ありません。

第3回 世界中で愛される書体、ヘルベチカとは | Think IT(シンクイット)

第3回 世界中で愛される書体、ヘルベチカとは | Think IT(シンクイット)

OSに関わらず、Adobe製品(Illustratorなど)をインストールすれば、「小塚ゴシック」や「りょうゴシック」なども使えるようになります。いずれも美しいフォントです。

OSに関わらず、Adobe製品(Illustratorなど)をインストールすれば、「小塚ゴシック」や「りょうゴシック」なども使えるようになります。いずれも美しいフォントです。

スライドやポスターなどの発表資料は、基本的にゴシック体で作りましょう。フォント選びで考慮すべきなのは、「視認性と判読性の高さ」と「太字に対応しているか(複数のウエイトの書体があるか)」ということです。

スライドやポスターなどの発表資料は、基本的にゴシック体で作りましょう。フォント選びで考慮すべきなのは、「視認性と判読性の高さ」と「太字に対応しているか(複数のウエイトの書体があるか)」ということです。

オススメ書体|伝わるデザイン

オススメ書体|伝わるデザイン

可読性・判読性の高い「Frutiger」や「Univers」などのフォントもオススメです。ただし、このような美しいフォントは、標準的なフォントではありません。このような「フォント集」などを購入することで、比較的安く、様々な書体を手に入れることができます(フォント名が変わっている場合があります)。

可読性・判読性の高い「Frutiger」や「Univers」などのフォントもオススメです。ただし、このような美しいフォントは、標準的なフォントではありません。このような「フォント集」などを購入することで、比較的安く、様々な書体を手に入れることができます(フォント名が変わっている場合があります)。

可読性・判読性の高い「Frutiger」や「Univers」などのフォントもオススメです。ただし、このような美しいフォントは、標準的なフォントではありません。このような「フォント集」などを購入することで、比較的安く、様々な書体を手に入れることができます(フォント名が変わっている場合があります)。

可読性・判読性の高い「Frutiger」や「Univers」などのフォントもオススメです。ただし、このような美しいフォントは、標準的なフォントではありません。このような「フォント集」などを購入することで、比較的安く、様々な書体を手に入れることができます(フォント名が変わっている場合があります)。

Pinterest
Search