Explore Blog Entry, Texture, and more!

Explore related topics

清寧軒焼 赤楽茶碗 銘「福禄寿」 葵紋印(陰紋重郭円印) 館蔵580(小)

清寧軒焼 赤楽茶碗 銘「福禄寿」 葵紋印(陰紋重郭円印) 館蔵580(小)

赤楽茶碗 銘「福禄寿」 全景

赤楽茶碗 銘「福禄寿」 全景

清寧軒焼 黒楽輪蓋置 館蔵578(小)

清寧軒焼 黒楽輪蓋置 館蔵578(小)

清寧軒焼 黒楽輪蓋置 「清寧」(陰文重郭円印) 館蔵578(小)

清寧軒焼 黒楽輪蓋置 「清寧」(陰文重郭円印) 館蔵578(小)

樂焼(らくやき) 安土桃山時代、千利休が初代長次郎に作らせたのが始まり。土は聚楽第建造時に掘り出された 所謂聚楽土を使用した。「樂」の字も聚楽第から取ったとされている。正当な樂家による 樂焼を「本窯」とし、傍流のものは「脇窯」という。基本的には茶陶の制作、特に茶碗で 「1樂2萩3唐津」といわれるほど茶碗としての格は高い。特徴は手捏ねによる柔らかな歪みと 独特の土による軽さ。色、製法により黒樂・赤樂などの種類がある。黒樂茶碗 初代長次郎による黒樂 銘:本覚坊。 他の陶磁器とは違い、地域を根拠とする 焼き物ではなく、茶陶として千家十職に数えられる 特殊な焼き物。

樂焼(らくやき) 安土桃山時代、千利休が初代長次郎に作らせたのが始まり。土は聚楽第建造時に掘り出された 所謂聚楽土を使用した。「樂」の字も聚楽第から取ったとされている。正当な樂家による 樂焼を「本窯」とし、傍流のものは「脇窯」という。基本的には茶陶の制作、特に茶碗で 「1樂2萩3唐津」といわれるほど茶碗としての格は高い。特徴は手捏ねによる柔らかな歪みと 独特の土による軽さ。色、製法により黒樂・赤樂などの種類がある。黒樂茶碗 初代長次郎による黒樂 銘:本覚坊。 他の陶磁器とは違い、地域を根拠とする 焼き物ではなく、茶陶として千家十職に数えられる 特殊な焼き物。

Black Raku tea bowl by Chojiro (1500′s)

Sen no Rikyū (1522–1591) is considered the most influential figure on the Japanese way of tea, particularly the tradition of wabi-cha (tea of simplicity and sincerity). He considered the ritual of preparing and serving tea an opportunity to experience the essence of life, a moment to transcend everyday reality and be absolutely present with yourself and others.

Black Raku tea bowl by Chojiro Sen no Rikyū is considered…

黒楽茶碗 楽長次郎「大黒(おおぐろ)」写

黒楽茶碗 楽長次郎「大黒(おおぐろ)」写

志野焼 |  陶芸家山田和さん

志野焼 | 陶芸家山田和さん

長次郎作 黒樂茶碗 銘「俊寛」

長次郎作 黒樂茶碗 銘「俊寛」

Pinterest
Search