Explore Steve Jobs, Apple, and more!

Explore related topics

Apple設立につながる電話ハッキングデバイス「ブルーボックス」についてウォズとジョブズ、関係者が語る - GIGAZINE   ジョブズ氏はブルーボックスの意味を振り返って「あの経験から学んだのは、アイデアが持つ力というものです」と語ります。  「それは、単に製品を作り上げることができる、という自信を得ただけではなく、その製品が世界に大きな影響を与えることができる、と実感できたからです」

Apple設立につながる電話ハッキングデバイス「ブルーボックス」についてウォズとジョブズ、関係者が語る - GIGAZINE ジョブズ氏はブルーボックスの意味を振り返って「あの経験から学んだのは、アイデアが持つ力というものです」と語ります。 「それは、単に製品を作り上げることができる、という自信を得ただけではなく、その製品が世界に大きな影響を与えることができる、と実感できたからです」

Are these objects round or square? Why do they change shape facing a mirror? This impressive optical illusion was designed by Japanese Kokichi Sugihara

Are these objects round or square? Why do they change shape facing a mirror? This impressive optical illusion was designed by Japanese Kokichi Sugihara

外国人の教師と英語を使って遊ぶ子どもたち=福岡市中央区の大濠アフタースクールで、田鍋公也撮影

外国人の教師と英語を使って遊ぶ子どもたち=福岡市中央区の大濠アフタースクールで、田鍋公也撮影

意志決定をするためのリーダー用フレームワーク「Cynefin Framework」 - GIGAZINE

意志決定をするためのリーダー用フレームワーク「Cynefin Framework」 - GIGAZINE

「AIの性能を上げている場合ではない」──東ロボくん開発者が危機感を募らせる、AIに勝てない中高生の読解力: 国立情報学研究所(NII)の新井紀子教授  「計算の正確さと暗記の正しさで人間がAIに負けることは何も問題はなく、人間はAIを使って生産性を上げていけばいい。しかし、(AIが苦手な読解力を伸ばさずに)AIが得意とする分野で人間が対抗しても勝てないだろう」(新井教授)。

「AIの性能を上げている場合ではない」──東ロボくん開発者が危機感を募らせる、AIに勝てない中高生の読解力: 国立情報学研究所(NII)の新井紀子教授 「計算の正確さと暗記の正しさで人間がAIに負けることは何も問題はなく、人間はAIを使って生産性を上げていけばいい。しかし、(AIが苦手な読解力を伸ばさずに)AIが得意とする分野で人間が対抗しても勝てないだろう」(新井教授)。

不幸を呼ぶ日常の習慣5つ 些細な行動が“幸福度”を左右する!?   自分へのご褒美として好きなだけチョコレートを食べた人と、1度食べたら次に食べるまで1週間ガマンした人とでは、後者のほうが幸福度が高いという結果に。   ・猫背で歩く、座る  ・買い物するときに無言  ・知らない人とは話さない  ・友達が似たタイプばかり  ・自分を甘やかしすぎる  ― 日本人を不幸にする習慣 ―

不幸を呼ぶ日常の習慣5つ 些細な行動が“幸福度”を左右する!?

不幸を呼ぶ日常の習慣5つ 些細な行動が“幸福度”を左右する!? 自分へのご褒美として好きなだけチョコレートを食べた人と、1度食べたら次に食べるまで1週間ガマンした人とでは、後者のほうが幸福度が高いという結果に。 ・猫背で歩く、座る ・買い物するときに無言 ・知らない人とは話さない ・友達が似たタイプばかり ・自分を甘やかしすぎる ― 日本人を不幸にする習慣 ―

気鋭の教育者として知られる品川女子学院の漆紫穂子校長(左)。右は「よくわかる人工知能」著者の清水亮氏。「よくわかる人工知能」発売記念セミナーにて。  東ロボくんという人工知能は、東大受験目指してるんですけど、今、偏差値57です。   大半の日本人はAIに負けてる、偏差値というレベルでは。しかもこれは深層学習使ってないんですね。深層学習を使ったら、そのうち東大に本当に入っちゃうでしょう。そうすると東大生の価値もなくなるわけです。だから東大生ばかりが研究してる東ロボくんは、進路変更したんでしょうね。自分たちの価値がなくなっちゃうことを自分たちで証明しちゃうことになるので。

気鋭の教育者として知られる品川女子学院の漆紫穂子校長(左)。右は「よくわかる人工知能」著者の清水亮氏。「よくわかる人工知能」発売記念セミナーにて。 東ロボくんという人工知能は、東大受験目指してるんですけど、今、偏差値57です。 大半の日本人はAIに負けてる、偏差値というレベルでは。しかもこれは深層学習使ってないんですね。深層学習を使ったら、そのうち東大に本当に入っちゃうでしょう。そうすると東大生の価値もなくなるわけです。だから東大生ばかりが研究してる東ロボくんは、進路変更したんでしょうね。自分たちの価値がなくなっちゃうことを自分たちで証明しちゃうことになるので。

ケンワージーさんと父親。  アメリカの名門大学7校に合格した高校生のエッセイ、その全文  人が自分をどう理解していようと、それは基本的には正確ではなく、他人の目に映る自分の姿まで心配する必要はないということだ。この気づきが自分に自由を与え、ようやく自分自身でいることが楽になった。  それからは、もっと心を開くようになった。高校生活では、共通の話題を探すのではなく、宇宙旅行や哲学など、自分がわくわくするような考えについて話すようになった。 あの夜、父の心臓の鼓動を聞きながら、怒りと悲しみでいっぱいだったことを思い出す。しかし、後になってみれば、母から学んだ教訓に感謝している。あの痛みは、恐れずに自分自身を表現することができる今の自分になるための、必要なステップだったと分かった。

ケンワージーさんと父親。 アメリカの名門大学7校に合格した高校生のエッセイ、その全文 人が自分をどう理解していようと、それは基本的には正確ではなく、他人の目に映る自分の姿まで心配する必要はないということだ。この気づきが自分に自由を与え、ようやく自分自身でいることが楽になった。 それからは、もっと心を開くようになった。高校生活では、共通の話題を探すのではなく、宇宙旅行や哲学など、自分がわくわくするような考えについて話すようになった。 あの夜、父の心臓の鼓動を聞きながら、怒りと悲しみでいっぱいだったことを思い出す。しかし、後になってみれば、母から学んだ教訓に感謝している。あの痛みは、恐れずに自分自身を表現することができる今の自分になるための、必要なステップだったと分かった。

Girls' Life Magazine, We Need To Do Better | Huffington Post

Girls' Life Magazine, We Need To Do Better

Google's New Science Journal App Connects To The Kid In You - http://www.psfk.com/2016/05/googles-new-science-journal-app-connects-to-the-kid-in-you.html

Google's New Science Journal App Connects To The Kid In You

Google's New Science Journal App Connects To The Kid In You - http://www.psfk.com/2016/05/googles-new-science-journal-app-connects-to-the-kid-in-you.html

Pinterest
Search