Explore Events and more!

Explore related topics

写真展◇大津茂巳写真展『人間の日々』日程:2016年8月31日 (水) ~2016年9月10日 (土)会場:EIZOガレリア銀座

写真展◇大津茂巳写真展『人間の日々』日程:2016年8月31日 (水) ~2016年9月10日 (土)会場:EIZOガレリア銀座

ゲスト◇加藤駿(Syun Katou)1992年岐阜県出身。名古屋学芸大学で写真の魅力に染まり、卒業後は時事通信社に入社。主にモノクロで人物を中心に撮影。代表作品は「奥尻島の漁師たち」。築地市場を撮るきっかけとなった舞台は北海道の奥尻島。島で漁の生活を体験したことから、獲れた魚の流通する現場を見たいと思い築地市場に足を運んだことから。

ゲスト◇加藤駿(Syun Katou)1992年岐阜県出身。名古屋学芸大学で写真の魅力に染まり、卒業後は時事通信社に入社。主にモノクロで人物を中心に撮影。代表作品は「奥尻島の漁師たち」。築地市場を撮るきっかけとなった舞台は北海道の奥尻島。島で漁の生活を体験したことから、獲れた魚の流通する現場を見たいと思い築地市場に足を運んだことから。

熊谷正の『美・日本写真』(2015/01/20更新)写真④ 写真/高橋まゆみ

熊谷正の『美・日本写真』(2015/01/20更新)写真④ 写真/高橋まゆみ

ゲスト◇田中 博(Hiroshi Tanaka)1963年、兵庫県神戸市生まれ。2005年、「Groundswell: Constructing the Contemporary Landscape」(ニューヨーク近代美術館/Museum of Modern Art)に出品。個展は「トンボ日記『水辺の詩』~田中 博の世界~」(2011年、柏崎市立博物館)など多数。 著書は「花撮影のレンズワーク」、「デジタル一眼レフ ネイチャーフォト撮影入門 花撮影編」、「あなたも撮れるきれいな花写真」(いずれも学習研究 社)。「トンボ日記『水辺の詩』~田中 博の世界~」解説図録(柏崎市立博物館)。 公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員、日本自然科学写真協会(SSP)会員、日本トンボ学会会員。ゴミゼロ倶楽部会員。

ゲスト◇田中 博(Hiroshi Tanaka)1963年、兵庫県神戸市生まれ。2005年、「Groundswell: Constructing the Contemporary Landscape」(ニューヨーク近代美術館/Museum of Modern Art)に出品。個展は「トンボ日記『水辺の詩』~田中 博の世界~」(2011年、柏崎市立博物館)など多数。 著書は「花撮影のレンズワーク」、「デジタル一眼レフ ネイチャーフォト撮影入門 花撮影編」、「あなたも撮れるきれいな花写真」(いずれも学習研究 社)。「トンボ日記『水辺の詩』~田中 博の世界~」解説図録(柏崎市立博物館)。 公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員、日本自然科学写真協会(SSP)会員、日本トンボ学会会員。ゴミゼロ倶楽部会員。

ゲスト◇田口るり子(Ruriko Taguchi)愛知県名古屋市出身。2003年から独学で写真を学ぶ。富士フォトサロン新人賞2003に出品。審査員である写真家の荒木経惟氏にその才能を絶賛され新人賞を受賞。2013年より写真家熊切大輔氏に師事。現在ポートレートを中心に舞台写真など多方面で活躍中。作品としてヌード写真を撮り続けている。写真展に、2013年「はだかんぼう」2016年「mono scape」等。

ゲスト◇田口るり子(Ruriko Taguchi)愛知県名古屋市出身。2003年から独学で写真を学ぶ。富士フォトサロン新人賞2003に出品。審査員である写真家の荒木経惟氏にその才能を絶賛され新人賞を受賞。2013年より写真家熊切大輔氏に師事。現在ポートレートを中心に舞台写真など多方面で活躍中。作品としてヌード写真を撮り続けている。写真展に、2013年「はだかんぼう」2016年「mono scape」等。

ゲスト◇熊切圭介(Keisuke Kumakiri)写真家。日本写真家協会会長。1934年東京生まれ。1958年、日本大学芸術学部写真学科卒業後、フリーランスとなり、週刊誌や月刊誌、グラフ誌のグラビアページを40年以上担当。とくに時代の顔である各界の人物ポートレートを数多く撮影。また高度経済成長の裏側で噴出した公害問題、土地の高騰、開発にともなう環境破壊、子どもたちをめぐる環境の変化などの社会問題を写真で訴えている。同時に単行本や美術全集などの撮影で世界15カ国を取材。写真集に『繁栄と変革―60年代の光と影』『池波正太郎のリズム』『南島からの手紙―風の島カオハガン物語』『運河』をはじめ多くの写真展企画に携わる。

ゲスト◇熊切圭介(Keisuke Kumakiri)写真家。日本写真家協会会長。1934年東京生まれ。1958年、日本大学芸術学部写真学科卒業後、フリーランスとなり、週刊誌や月刊誌、グラフ誌のグラビアページを40年以上担当。とくに時代の顔である各界の人物ポートレートを数多く撮影。また高度経済成長の裏側で噴出した公害問題、土地の高騰、開発にともなう環境破壊、子どもたちをめぐる環境の変化などの社会問題を写真で訴えている。同時に単行本や美術全集などの撮影で世界15カ国を取材。写真集に『繁栄と変革―60年代の光と影』『池波正太郎のリズム』『南島からの手紙―風の島カオハガン物語』『運河』をはじめ多くの写真展企画に携わる。

ゲスト◇若子jet(wakakojet)岐阜県岐阜市生まれ。名古屋造形大学卒業。撮影スタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家 松本明彦氏に師事後、独立。広告や雑誌等で人物撮影をする一方、ライフワークで大阪を中心とした街スナップを楽しんでいる。 エネルギーに溢れた色彩感覚と絵画のような作り込まれた世界観で人気を博す。2007年度コニカミノルタフォトプレミオ受賞。

ゲスト◇若子jet(wakakojet)岐阜県岐阜市生まれ。名古屋造形大学卒業。撮影スタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家 松本明彦氏に師事後、独立。広告や雑誌等で人物撮影をする一方、ライフワークで大阪を中心とした街スナップを楽しんでいる。 エネルギーに溢れた色彩感覚と絵画のような作り込まれた世界観で人気を博す。2007年度コニカミノルタフォトプレミオ受賞。

ゲスト◇鹿野 貴司(Shikano Takashi)1974年東京都生まれ。多摩美術大学映像コース卒業。さまざまな職業を経てフリーランスのカメラマンになり、埼玉県立芸術総合高校非常勤講師も務める。写真集に『甦る五重塔 身延山久遠寺』『感應の霊峰 七面山』『山梨県早川町 日本一小さな町の写真館』(以上、平凡社)がある。

ゲスト◇鹿野 貴司(Shikano Takashi)1974年東京都生まれ。多摩美術大学映像コース卒業。さまざまな職業を経てフリーランスのカメラマンになり、埼玉県立芸術総合高校非常勤講師も務める。写真集に『甦る五重塔 身延山久遠寺』『感應の霊峰 七面山』『山梨県早川町 日本一小さな町の写真館』(以上、平凡社)がある。

ゲスト◇新納翔(Sho Niiro)1982年横浜生まれ。奈良原一高氏の写真に魅せられ写真家を志す。国内外写真展多数。写真集に「山谷」(ZenFotoGallery)、「AnotherSide」(LibroArte)、「築地0景」(ふげん社)等がある。築地市場は撮影の為に警備員会社に就職し、内側からの視線で2年間撮り続けた。川崎市民ミュージアムや早稲田大学にて講師も務める。500px公式フォトグラファー。

ゲスト◇新納翔(Sho Niiro)1982年横浜生まれ。奈良原一高氏の写真に魅せられ写真家を志す。国内外写真展多数。写真集に「山谷」(ZenFotoGallery)、「AnotherSide」(LibroArte)、「築地0景」(ふげん社)等がある。築地市場は撮影の為に警備員会社に就職し、内側からの視線で2年間撮り続けた。川崎市民ミュージアムや早稲田大学にて講師も務める。500px公式フォトグラファー。

熊谷正の『美・日本写真』(2016/11/15 更新)写真① 写真/地蔵ゆかり

熊谷正の『美・日本写真』(2016/11/15 更新)写真① 写真/地蔵ゆかり

Pinterest • The world’s catalog of ideas
Search