Explore these ideas and more!

Qin Xiaoyi (1921-2007) Calligraphy 83.5cm x 34cm (33in x 13½in). 秦孝儀 篆書 水墨紙本 立軸 一九七〇年作  款識: 「點!爾何如?」鼓瑟希,鏗爾,舍瑟而作。對曰:「異乎三子者之撰。」曰:「何傷乎?亦各言其志也。」曰:「莫春者,春服既成。冠者五六人,童子六七人,浴乎沂,風乎舞雩,詠而歸。」夫子喟然歎曰:「吾與點也!」 庚戌(1970)暑中,明潭客次,書曾點言志,遠寄日內瓦。涼風天末,工拙非所計也。 縉雲先生、歐陽夫人方家正篆。衡山秦孝儀心波。 鈐印:秦孝儀印、心波、此日足可惜之齋.  上款「縉雲先生」,即汪德官。

Qin Xiaoyi Calligraphy x x

张即之《书楼钥汪氏报本庵记》. 张即之(1186-1263). 南宋书法家,字温夫,号樗寮,历阳乌江(今安徽省和县)人。生于名门显宦家庭,为参知政事张孝伯之子,爱国词人张孝祥之侄。以父荫铨中两浙转运使。举进士。历官监平江府粮科院、将作监薄、司农寺丞。后知嘉兴,以言罢。特授太子太傅、直秘阁致仕。史称其博学有义行,修洁,喜校书,经史皆手定善本。       张即之是南宋后期力挽狂澜、振兴书法艺术,穷毕生之力以改变衰落书风的革新家,称雄一时。据《宋史》记载,张即之“以能书闻天下”。女真族虽然远在北方,与南宋政权处于敌对地位,但对于张即之的翰墨作品,却不惜用重金购求。其书法初学欧阳询、褚遂良和颜真卿,继而转师米芾,并能“独传家学”,而以张孝祥书为主调,参以晋唐经书汉隶,加上受禅宗哲学思想的影响,故而达到了一种独特的书法艺术风格与境界,自成一家体系。这种体系是他在继承古人前辈传统技法的基础上,汲取众多营养而后大胆创新形成的。后世书坛有人讥张即之书有意为“怪”,不合“规矩”,并斥之为书法“尚意”,追求“意趣”,表现个性。

张即之《书楼钥汪氏报本庵记》. 张即之(1186-1263). 南宋书法家,字温夫,号樗寮,历阳乌江(今安徽省和县)人。生于名门显宦家庭,为参知政事张孝伯之子,爱国词人张孝祥之侄。以父荫铨中两浙转运使。举进士。历官监平江府粮科院、将作监薄、司农寺丞。后知嘉兴,以言罢。特授太子太傅、直秘阁致仕。史称其博学有义行,修洁,喜校书,经史皆手定善本。 张即之是南宋后期力挽狂澜、振兴书法艺术,穷毕生之力以改变衰落书风的革新家,称雄一时。据《宋史》记载,张即之“以能书闻天下”。女真族虽然远在北方,与南宋政权处于敌对地位,但对于张即之的翰墨作品,却不惜用重金购求。其书法初学欧阳询、褚遂良和颜真卿,继而转师米芾,并能“独传家学”,而以张孝祥书为主调,参以晋唐经书汉隶,加上受禅宗哲学思想的影响,故而达到了一种独特的书法艺术风格与境界,自成一家体系。这种体系是他在继承古人前辈传统技法的基础上,汲取众多营养而后大胆创新形成的。后世书坛有人讥张即之书有意为“怪”,不合“规矩”,并斥之为书法“尚意”,追求“意趣”,表现个性。

【 元 赵孟頫 跋王羲之《快雪时晴帖》】 行书。台北故宫博物院藏。

[yuan 趙孟頫 colophon wang xizhi "snow quickly clear when post 】 Taipei Palace Museum collection.

明代 - 徐渭 - 草書七言詩一首               掛軸,163×58 cm。詩後有徐渭 ( Xu Wei,1521-1593 ) 款識:「萬曆庚辰仲秋日 書于逍遥樓。笋孤田水月。 」鈐印:徐渭之印(白)、青藤道士 (朱)。   徐渭,漢族,山陰 (今浙江绍興) 人。字文長,號天池山人。與解縉、楊慎並稱 “明代三大才子”。  Ming Dynasty

明代 - 徐渭 - 草書七言詩一首 掛軸,163×58 cm。詩後有徐渭 ( Xu Wei,1521-1593 ) 款識:「萬曆庚辰仲秋日 書于逍遥樓。笋孤田水月。 」鈐印:徐渭之印(白)、青藤道士 (朱)。 徐渭,漢族,山陰 (今浙江绍興) 人。字文長,號天池山人。與解縉、楊慎並稱 “明代三大才子”。 Ming Dynasty

口 足 身 手 吟 着 着 把 無 亀 空 兔 聲 毛 華 角 詩 履 衣 杖 良 寛 手に兔角の杖を把り 身に空華の衣を着け 足に亀毛の履を着け 口に無声の詩を吟ず

良寛の書 「・・兔角・・」

口 足 身 手 吟 着 着 把 無 亀 空 兔 聲 毛 華 角 詩 履 衣 杖 良 寛 手に兔角の杖を把り 身に空華の衣を着け 足に亀毛の履を着け 口に無声の詩を吟ず

北宋 - 米芾 - 書法  ( 鏡心 紙本 )         Mi Fu (1051 -1107) was a Chinese painter, poet, and calligrapher born in Taiyuan during the Northern Song Dynasty.

北宋 - 米芾 - 書法 ( 鏡心 紙本 ) Mi Fu was a Chinese painter, poet, and calligrapher born in Taiyuan during the Northern Song Dynasty.

Deng Shiru(邓石如)。 时人对邓石如的书艺评价极高,称之“四体皆精,国朝第一”,他的书法以篆隶最为出类拔萃,而篆书成就在于小篆。他的小篆以斯、冰为师,结体略长,却富有创造性地将隶书笔法糅合其中,大胆地用长锋软毫,提按起伏,大大丰富了篆书的用笔,特别是晚年的篆书,线条圆涩厚重,雄浑苍茫,臻于化境,开创了清人篆书的典型,对篆书一艺的发展作出不朽贡献。隶书则从长期浸淫汉碑的实践中获益甚多,能以篆意写隶,又佐以魏碑的气力,其风格自然独树一帜。楷书并没有从唐楷入手,而是追本溯源,直接取法魏碑,多用方笔,笔画使转蕴涵隶意,结体不以横轻竖重、左低右高取妍媚的方法而求平正,古茂浑朴,与时俗馆阁体格格不入,表现出勇于探索的精神。

Deng Shiru(邓石如)。 时人对邓石如的书艺评价极高,称之“四体皆精,国朝第一”,他的书法以篆隶最为出类拔萃,而篆书成就在于小篆。他的小篆以斯、冰为师,结体略长,却富有创造性地将隶书笔法糅合其中,大胆地用长锋软毫,提按起伏,大大丰富了篆书的用笔,特别是晚年的篆书,线条圆涩厚重,雄浑苍茫,臻于化境,开创了清人篆书的典型,对篆书一艺的发展作出不朽贡献。隶书则从长期浸淫汉碑的实践中获益甚多,能以篆意写隶,又佐以魏碑的气力,其风格自然独树一帜。楷书并没有从唐楷入手,而是追本溯源,直接取法魏碑,多用方笔,笔画使转蕴涵隶意,结体不以横轻竖重、左低右高取妍媚的方法而求平正,古茂浑朴,与时俗馆阁体格格不入,表现出勇于探索的精神。

宋徽宗的狂草,真开眼了 幼くして仏門に入り、その後、長安に移る。修行の暇に好んで書を学んだが、貧乏だったので芭蕉をたくさん植えてその葉を紙の代わりにし、それが尽きると大皿や板を代用して磨り減るまで手習いした。また、禿筆が山をなしたので筆塚を作って供養したという。 その書名は若いときから知られたようで、当時の社交界の名士から多くの詩を寄せられており、『書苑菁華』などにかなり収録されている。大暦12年(777年)、洛陽にのぼり、そこで顔真卿に会い、盧象・張謂などが懐素のために作った詩『懐素上人草書歌』を示して真卿に序を求め、真卿は『懐素上人草書歌序』を書いたという。 彼は従弟の鄥彤(お…

宋徽宗的狂草,真开眼了 幼くして仏門に入り、その後、長安に移る。修行の暇に好んで書を学んだが、貧乏だったので芭蕉をたくさん植えてその葉を紙の代わりにし、それが尽きると大皿や板を代用して磨り減るまで手習いした。また、禿筆が山をなしたので筆塚を作って供養したという。 その書名は若いときから知られたようで、当時の社交界の名士から多くの詩を寄せられており、『書苑菁華』などにかなり収録されている。大暦12年(777年)、洛陽にのぼり、そこで顔真卿に会い、盧象・張謂などが懐素のために作った詩『懐素上人草書歌』を示して真卿に序を求め、真卿は『懐素上人草書歌序』を書いたという。 彼は従弟の鄥彤(お…

Pinterest
Search