Pinterest • The world’s catalog of ideas

Explore these ideas and more!

おはようございます。 今日3/4はヤン・ガルバレクの誕生日。 今朝の一曲は「カントリー」、キース・ジャレットのピアノとヤン・ガルバレクのサックス。晴れ渡った青空に吸い込まれていくような気持ちの良い一曲です。 この動画に使われている映像はLeszek ParadowskiのPhotographyということなのですが、これは写真なのでしょうか。空気や光の質感など非現実的な雰囲気も漂い、写実絵画のように感じてしまうほどです。

柳桜図 木島桜谷〔明治10年(1877)~昭和13年(1938)〕  大正6年(1917) 絹本着色  京都に生まれる。明治26年今尾景年に師事。40年第1回文展に「しぐれ」で初入選、2等賞を受賞、第2回文展2等賞、第3回文展3等賞、第4回文展3等賞、第5回文展2等賞、第6回文展2等賞と破格の受賞成績を残した。第7回文展で審査員となり、以後、しばば審査員。大正7年京都市立絵画専門学校教授。円山・四條派の写生主義に西洋近代絵画の写実を融合、また日本絵画の装飾性を生かした典雅な作風が特色。 新緑の柳と満開の桜は好画題として古くから描かれてきたが、本図は6曲1双の金地の大画面一杯にそれを埋め尽くすように柳桜が装飾性と写実性を融合された状態で表現されており、近代的な琳派の感覚と言える。装飾性ゆえに桜の花びらは全て正面を向きその美しさを大らかに謳い上げ、新緑の柳の葉は金箔と映え合い、さらに桜の花びらの白色と色彩の交響曲を奏でている。京都画壇の雅な感性も感じられる。

ナチュラル翡翠彫刻オニキスネックレス SV925 重量:127.7g トップ彫刻翡翠:H66mm×W26mm 厚さ:13mm     ¥198,000 ネックレス翡翠:H37mm×W25mm  厚さ:6mm~H41mm×W20mm 厚さ:5mm 10珠 オニキス:4mm珠 33珠 ¥198,000 【商品説明】 瑞々しく潤い感のある翡翠。 くっきりとした貫禄ある存在感を醸すナチュラル翡翠のネックレスです。 見つめていると吸い込まれそうな不思議な魅力に満ち、つい見入ってしまいます。 神秘的でありながらワイルドな存在感を放つ、個性ある表情に心奪われる一品です。 特殊で高い彫刻技術を駆使して1つの原石からくりぬいたトップ彫刻です。 圧倒的な写実、リアリティ溢れるモチーフは躍動感を感じさせ、今にも平面から飛び出してくるような臨場感さえ感じられます。 トップ部分の細部からオニキスのチェーンに至るまで湧きあがるような透明感と発色があり、芸術作品としてコレクションとなるのにふさわしい逸品です。本物だけが持つ格別なオーラと風格をぜひ感じてください。…

作品の素材は基本的に紙(洋紙)を使用しています。洋紙の特性とその質感を利用して写実風に人の形で作品にしました。一部作品は布も使用しています。サイズ 幅15&t...|ハンドメイド、手作り、手仕事品の通販・販売・購入ならCreema。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 江戸が知りたい。東京ってなんだ?!『幽霊図(お雪の幻)』(部分)個人蔵(カリフォルニア大学バークレー美術館寄託) ほぼ日 ああ‥‥つまり、これは応挙的な意味では 写実であるということなんですね。 亡くなった奥さんへの思いを、 応挙がきわめてリアルに写実の力で描くと 幽霊という表現になったのかもしれない。 江里口 そう考えると、このお雪さんは、 怖くはないし美しいけれど、 何となく悲しそうな、 子供を残して早く死んで行くひとの、 この世の未練みたいなものを感じますよね。 ほぼ日 日本の幽霊の絵は、 応挙のこの絵以後、乱れ髪に白装束、 足が透けて見えない、というスタイルに なっていくんですよね。 江里口 ええ。これはもう幽霊の元祖って 言われてます。 ほぼ日 応挙が「これは幽霊を描いたものだ」 というような記録や文字は 残していないんですか? 江里口 ないんです。 ほぼ日 じゃあ、応挙がこれを描いた ほんとうの理由はわからないまま? 江里口 はっきりわからないですね。 ほぼ日 じゃあ依頼されたのかどうかも? 江里口 依頼されたのかもしれないですね。…

牡羊像 1世紀 アフガニスタン国立博物館蔵 生きているようなムフロン羊 前後の脚を揃え、前方をまっすぐ見つめる牡羊像。ムフロンと呼ばれる山岳地帯に生息する種を表現したものです。髪飾かと思われ、羊の頭部にはさらに装飾を挿すための筒があります。いきいきとした顔立ちや、流れるようなあごひげ、ひづめの細部にいたるまで写実性を極めた造形は、比類ない技術の高さを示しています。

絵葉書『操芝居』五姓田義松 忘れられた天才 明治の洋画家・五姓田義松 出演 山下裕二さん (明治学院大学教授) VTR出演 角田拓朗さん(神奈川県立歴史博物館 学芸員) 諏訪敦さん(画家・広島市立大学准教授) 古田亮さん(東京藝術大学准教授) 秋本貴透さん(東京藝術大学准教授) 日本の洋画のパイオニア、高橋由一よりも早く油絵の技を極め、日本人で初めてパリのサロンに入選。明治皇室から仕事を依頼されるほどのすご腕を持った画家がいた。五姓田義松(ごせだ・よしまつ 1855-1915)。とにかく絵がうまい!明治の初め、義松の名は若き天才画家として知れ渡っていた。しかし、なぜかその名声はやがて忘れさられてしまう。一体何があったのか?!…