酒粕で粉チーズ 「酒粕+油+塩」で不思議とチーズみたいな風味に。ほどよい塩分とコクで、パスタにかけたり、サラダのトッピングにと大活躍です。  白米の酒粕70g、米粉50g~、なたね油大さじ2、塩小さじ1  1、ボウルに材料をすべて入れ、まんべんなく混ぜ合わせる。 2、1をフードプロセッサーに入れ、粉チーズ状に細かくする。  ※酒粕の水分が多いときは、米粉で調整してください。 3、オーブンシートを敷いた天板に1、を広げ、140℃のオーブンで、ほんのり黄色になるまで10~15分焼く。冷めたらできあがり。  材料が片栗粉+サラダ油ver. 分量 容量(100mlのジャム瓶2つ分) 酒粕(板状、練り状どちらも可) 70g 片栗粉 40g サラダ油 30g 塩 小さじ1

チーズ不使用!「酒粕」で作る粉チーズのレシピをご紹介☆ - macaroni

酒粕で粉チーズ 「酒粕+油+塩」で不思議とチーズみたいな風味に。ほどよい塩分とコクで、パスタにかけたり、サラダのトッピングにと大活躍です。 白米の酒粕70g、米粉50g~、なたね油大さじ2、塩小さじ1 1、ボウルに材料をすべて入れ、まんべんなく混ぜ合わせる。 2、1をフードプロセッサーに入れ、粉チーズ状に細かくする。 ※酒粕の水分が多いときは、米粉で調整してください。 3、オーブンシートを敷いた天板に1、を広げ、140℃のオーブンで、ほんのり黄色になるまで10~15分焼く。冷めたらできあがり。 材料が片栗粉+サラダ油ver. 分量 容量(100mlのジャム瓶2つ分) 酒粕(板状、練り状どちらも可) 70g 片栗粉 40g サラダ油 30g 塩 小さじ1

酒粕レーズン 作り方と使い方アレンジ

酒粕レーズン 作り方と使い方アレンジ

酒粕でレーズンバター

酒粕でレーズンバター

ひよこ的酒粕レーズン  材料 酒粕ペースト(八海山がおすすめ)適量 レーズン適量(多めで)  1 酒粕ペースト(レシピID:3469537) にレーズンを入れてよくまぜる。 2 一晩寝かせて完成! コツ・ポイント 1晩はおいてください(^.^) このレシピの生い立ち ラムレーズンに代わる何かを作りたくて(^.^) わたしはこのままたべますが、バニラアイスにいれても、マフィンにいれてもおいしいです 美容にも◎なので酒粕おすすめです

ひよこ的酒粕レーズン

ひよこ的酒粕レーズン 材料 酒粕ペースト(八海山がおすすめ)適量 レーズン適量(多めで) 1 酒粕ペースト(レシピID:3469537) にレーズンを入れてよくまぜる。 2 一晩寝かせて完成! コツ・ポイント 1晩はおいてください(^.^) このレシピの生い立ち ラムレーズンに代わる何かを作りたくて(^.^) わたしはこのままたべますが、バニラアイスにいれても、マフィンにいれてもおいしいです 美容にも◎なので酒粕おすすめです

酒粕で女子力UP! 豆腐豆乳スープ♡ 材料 (2人分) 豆腐(絹でも木綿でもお好みで)1/2丁(150g) 豆乳1カップ(200cc) 白味噌 大さじ1 昆布茶小さじ1/2 水1/2カップ(100cc) ■ 酒粕ペースト 酒粕50g 水大さじ4(60cc) ■ トッピング あさつき(小口切り)・おろし生姜適量

酒粕で女子力up! 豆腐豆乳スープ♡

酒粕で女子力UP! 豆腐豆乳スープ♡ 材料 (2人分) 豆腐(絹でも木綿でもお好みで)1/2丁(150g) 豆乳1カップ(200cc) 白味噌 大さじ1 昆布茶小さじ1/2 水1/2カップ(100cc) ■ 酒粕ペースト 酒粕50g 水大さじ4(60cc) ■ トッピング あさつき(小口切り)・おろし生姜適量

酒粕カルボナーラ 材料 ゆる粕 ベーコン 卵黄 粉チーズ パスタ 塩 コショウ 作り方 ベーコンをフライパンでこんがり焼く。 1のフライパンにゆる粕・塩・コショウを加え、トロッとするまで加熱する。 2に茹でたパスタを加えたら、パスタの茹で汁(少々)・粉チーズを加えてさっと絡め、火を止める。 最後に卵黄を加えて混ぜたらできあがり。 酒粕を使うと、脂肪分をおさえたヘルシーなカルボナーラができるそうですよ。

酒粕カルボナーラ 材料 ゆる粕 ベーコン 卵黄 粉チーズ パスタ 塩 コショウ 作り方 ベーコンをフライパンでこんがり焼く。 1のフライパンにゆる粕・塩・コショウを加え、トロッとするまで加熱する。 2に茹でたパスタを加えたら、パスタの茹で汁(少々)・粉チーズを加えてさっと絡め、火を止める。 最後に卵黄を加えて混ぜたらできあがり。 酒粕を使うと、脂肪分をおさえたヘルシーなカルボナーラができるそうですよ。

「ゆる粕」の作り方  「ゆる粕」は、酒粕を料理に活かしやすいペースト状にしたものです。  作り方はとても簡単です。  材料 酒粕	100g 水	120ml 作り方 酒粕をボールに入れ、細かく手でちぎる。 1に水を加え、柔らかくなるまで10分浸す。 泡だて器などでトロトロになるまでかき混ぜたらできあがり。 保存は、フタつきの容器に入れて冷蔵します。2週間ほど日持ちがするそうですよ。

「ゆる粕」の作り方 「ゆる粕」は、酒粕を料理に活かしやすいペースト状にしたものです。 作り方はとても簡単です。 材料 酒粕 100g 水 120ml 作り方 酒粕をボールに入れ、細かく手でちぎる。 1に水を加え、柔らかくなるまで10分浸す。 泡だて器などでトロトロになるまでかき混ぜたらできあがり。 保存は、フタつきの容器に入れて冷蔵します。2週間ほど日持ちがするそうですよ。

みそ汁に酒粕を  作り方のポイント粕をとかす 普通の味噌汁の要領で作りますが、味噌を入れる前に酒粕を加えて煮立たせ、アルコールをとばし、その後味噌を溶かします。 酒粕の量は1人前あたり小さじ1/2~1程度。お好みで調整してください。(粕が固い場合は少量のだし汁で粕を柔らかくしてから入れるとすぐ溶けます)  酒どころでは、味噌汁に酒粕を入れ、毎日少しづつ継続して酒粕を摂る家庭が多いです。酒粕が入るとコクと旨みと香りが増し、寒い冬には、体をポカポカ温めてくれる効果も。酒粕に大量に含まれるビタミンやミネラルがたっぷり摂れるのもうれしい!大根や人参、ごぼうなどの「根菜具沢山みそ汁」や鮭やタラなど魚が入った味噌汁にも、おすすめです。

みそ汁に酒粕を 作り方のポイント粕をとかす 普通の味噌汁の要領で作りますが、味噌を入れる前に酒粕を加えて煮立たせ、アルコールをとばし、その後味噌を溶かします。 酒粕の量は1人前あたり小さじ1/2~1程度。お好みで調整してください。(粕が固い場合は少量のだし汁で粕を柔らかくしてから入れるとすぐ溶けます) 酒どころでは、味噌汁に酒粕を入れ、毎日少しづつ継続して酒粕を摂る家庭が多いです。酒粕が入るとコクと旨みと香りが増し、寒い冬には、体をポカポカ温めてくれる効果も。酒粕に大量に含まれるビタミンやミネラルがたっぷり摂れるのもうれしい!大根や人参、ごぼうなどの「根菜具沢山みそ汁」や鮭やタラなど魚が入った味噌汁にも、おすすめです。

酒粕甘酒 アレンジ 分量の目安:(1人前)酒粕…50g 水…200cc 砂糖…適量 塩…少々 ・・・・・・・  ■定番の甘酒:酒粕に適量の湯と砂糖を加えて煮立て、塩少々を隠し味に加える。 ※お好みで生姜のおろし汁を加える。  ■ミルク甘酒:定番の甘酒の水の量を半分から3分の2位に減らし、酒粕・砂糖塩・を溶かし煮立てた後、仕上げに牛乳を加えます。  ■冷やし甘酒:定番の甘酒の酒粕の量を少なめに(3分の2程度に減らし)、煮立てた後、荒熱を取ってから冷蔵庫で冷やします。※さらっと飲みやすくするため、少しゆるめにつくります。お好みで生姜汁やレモンを少々加えても美味。

酒粕甘酒 アレンジ 分量の目安:(1人前)酒粕…50g 水…200cc 砂糖…適量 塩…少々 ・・・・・・・ ■定番の甘酒:酒粕に適量の湯と砂糖を加えて煮立て、塩少々を隠し味に加える。 ※お好みで生姜のおろし汁を加える。 ■ミルク甘酒:定番の甘酒の水の量を半分から3分の2位に減らし、酒粕・砂糖塩・を溶かし煮立てた後、仕上げに牛乳を加えます。 ■冷やし甘酒:定番の甘酒の酒粕の量を少なめに(3分の2程度に減らし)、煮立てた後、荒熱を取ってから冷蔵庫で冷やします。※さらっと飲みやすくするため、少しゆるめにつくります。お好みで生姜汁やレモンを少々加えても美味。

あぶり酒粕 材料:酒粕、砂糖 適宜(砂糖醤油でも美味) ・・・・・・・ 1.酒粕を一口サイズにちぎり、トースターか餅焼き網(フライパンでも可)に乗せて弱火で、こんがりと焼く。焦げやすいので火加減にご注意ください。 2. そのままか、または砂糖や砂糖醤油をかけて、熱いうちに食べてください。 香ばしさと酒粕ならではの豊かな香り、チーズのような柔らかな食感が楽しめる一品。子供の頃、火鉢やストーブの上に網をおいて、ちぎった酒粕をほんのりあぶり、砂糖をたっぷりかけて食べたものです。(アルコールを含むので)酔っぱらって、顔が火照って真っ赤になり、食べ過ぎをしかられながら、親の目を盗んでたべたものでした。甘い・苦い懐かしい味です。

あぶり酒粕 材料:酒粕、砂糖 適宜(砂糖醤油でも美味) ・・・・・・・ 1.酒粕を一口サイズにちぎり、トースターか餅焼き網(フライパンでも可)に乗せて弱火で、こんがりと焼く。焦げやすいので火加減にご注意ください。 2. そのままか、または砂糖や砂糖醤油をかけて、熱いうちに食べてください。 香ばしさと酒粕ならではの豊かな香り、チーズのような柔らかな食感が楽しめる一品。子供の頃、火鉢やストーブの上に網をおいて、ちぎった酒粕をほんのりあぶり、砂糖をたっぷりかけて食べたものです。(アルコールを含むので)酔っぱらって、顔が火照って真っ赤になり、食べ過ぎをしかられながら、親の目を盗んでたべたものでした。甘い・苦い懐かしい味です。

Pinterest
Search