01

Autumnal Grasses under the Moon, Tawaraya Sotatsu Even though the silver moon has tarnished with age, it only enhances the overall beauty.

03

Wind and Thunder Gods (Fujin Raijin zu) Sakai Hōitsu idemitsu museum of art.

酒井抱一と浄栄寺

酒井抱一と浄栄寺

生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌|2011年度 展覧会スケジュール|千葉市美術館

生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌|2011年度 展覧会スケジュール|千葉市美術館

酒井抱一・雲雀に春草図

酒井抱一・雲雀に春草図

酒井抱一(1761~1828)は、姫路城主酒井忠以の弟として江戸に生まれ、幼少より恵まれた環境で芸術の世界に親しんだ。ことに絵画は、光琳に傾倒しつつ独自の画境を創始した。雪月花は、わが国の季節感を端的に物語る画題で、江戸狩野派の画人などに早くから取り上げられてきた。抱一は、三幅を並置したときの各幅相互の画面構成を考慮し、雪松は画面上部に、雲井の月は中央に、桜花は下部に描いて、三幅を通して対角線に構図をまとめている。ここには、画家、俳人、そして琳派芸術の研究家でもあった抱一の、デザイナーとしての面目が躍如としている。また、本図は、精選された絵具の優秀さや賦彩の美しさの点でも、抱一代表作の一つであるといえる。共箱の箱書に「文政三年庚辰五月端午日 君山家蔵」とあることから、抱一が60歳のときの作品であることがわかる。

酒井抱一(1761~1828)は、姫路城主酒井忠以の弟として江戸に生まれ、幼少より恵まれた環境で芸術の世界に親しんだ。ことに絵画は、光琳に傾倒しつつ独自の画境を創始した。雪月花は、わが国の季節感を端的に物語る画題で、江戸狩野派の画人などに早くから取り上げられてきた。抱一は、三幅を並置したときの各幅相互の画面構成を考慮し、雪松は画面上部に、雲井の月は中央に、桜花は下部に描いて、三幅を通して対角線に構図をまとめている。ここには、画家、俳人、そして琳派芸術の研究家でもあった抱一の、デザイナーとしての面目が躍如としている。また、本図は、精選された絵具の優秀さや賦彩の美しさの点でも、抱一代表作の一つであるといえる。共箱の箱書に「文政三年庚辰五月端午日 君山家蔵」とあることから、抱一が60歳のときの作品であることがわかる。

酒井抱一と浄栄寺

酒井抱一と浄栄寺

02
酒井抱一と浄栄寺

酒井抱一と浄栄寺

Pinterest
Search