吉村和美(益子)  黄色や緑などパステル調、ターコイズブルー、紫色の器など、一度見たら忘れられないひときわ美しく、独特な色あいが印象的な器を作る。のびやかなかたち、食材の色をさらに美しく映えさせる色合い。食卓に「ときめき」を運んでくる使い心地のよさにはファンが多い。使ってさらに愛しくなる器である。

吉村和美(益子) 黄色や緑などパステル調、ターコイズブルー、紫色の器など、一度見たら忘れられないひときわ美しく、独特な色あいが印象的な器を作る。のびやかなかたち、食材の色をさらに美しく映えさせる色合い。食卓に「ときめき」を運んでくる使い心地のよさにはファンが多い。使ってさらに愛しくなる器である。

櫨山実則(鹿児島)  熊本・苗代川焼にて学び鹿児島に窯を築き、粉引き、三島、織部をおもに作陶している。深い緑の織部はモダンなデザインで、食材の色をいきいきと生かす、強くて美しい皿である。日本の食卓に何気なく伝えていく和の器として品格とあたたかさが調和する魅力あふれる器である。

櫨山実則(鹿児島) 熊本・苗代川焼にて学び鹿児島に窯を築き、粉引き、三島、織部をおもに作陶している。深い緑の織部はモダンなデザインで、食材の色をいきいきと生かす、強くて美しい皿である。日本の食卓に何気なく伝えていく和の器として品格とあたたかさが調和する魅力あふれる器である。

KRONJYDEN

KRONJYDEN

吉田崇昭(福岡)  有田で本格的にやきものを始め、独立後は伝統的な古伊万里の文様などに熱心に取り組み、染付の器を作っている。何気ない野の花を描くそれらの器は日常に寄り添い、食卓に優しさを運ぶような穏やかさがある。

吉田崇昭(福岡) 有田で本格的にやきものを始め、独立後は伝統的な古伊万里の文様などに熱心に取り組み、染付の器を作っている。何気ない野の花を描くそれらの器は日常に寄り添い、食卓に優しさを運ぶような穏やかさがある。

横山拓也(多治見)  黒土に何度も白化粧を施した印象的な器をつくり注目される。それらは独特のかたちと存在感が際立つ。静けさと力強さの両方を内包した佇まいから土の線の美しさが訴えてくる。白化粧土の丸皿は季節を問わず、また、古いやきものとも相性がいい。ものがたりが生まれてくるような魅力がある。

横山拓也(多治見) 黒土に何度も白化粧を施した印象的な器をつくり注目される。それらは独特のかたちと存在感が際立つ。静けさと力強さの両方を内包した佇まいから土の線の美しさが訴えてくる。白化粧土の丸皿は季節を問わず、また、古いやきものとも相性がいい。ものがたりが生まれてくるような魅力がある。

Pinterest
Search